グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  診療のご案内 >  リハビリテーションのご案内

リハビリテーションのご案内


このエントリーをはてなブックマークに追加

リハビリテーション科理念

わたしたちは、一人ひとりがその人らしい人生を送れるよう、質の高いリハビリテーションを提供します。

行動目標

  1. 患者様やご家族様を中心に多職種との連携を図り、より良いチーム医療を行います。
  2. 地域の医療機関や福祉施設との連携を密にし、地域住民の健康と福祉に貢献します。
  3. 社会人、医療人として倫理観、思いやり、誇りを持って働ける職場づくりをします。
  4. 常に目標を持って自己研鑽に励み、専門職としての知識と技術の向上を図ります。
  5. リハビリテーションの質の向上に努めながら、効率的な病院経営に貢献します。

理学療法

 理学療法とは、病気、怪我、加齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。当院では、患者様の残っている能力を生活の場で最大限に引き出せるように支援をしています。寝たきりの生活にならないよう、理学療法士が身体機能評価を行い、ベッドから離れた生活を送って頂けるよう、援助しています。自立支援、生活支援、健康増進、介護予防に力を入れています。

理学療法室

機能訓練室

作業療法

 基本的な運動能力から、社会の中に適応する能力までの機能を維持・改善し「その人らしい」生活の獲得を目標にしています。患者様の身体機能、日常生活活動、認知機能の評価を行います。評価結果に基づいて、患者様に合った車椅子の選定と姿勢の調節、排泄や食事などの日常生活活動、園芸や物作りなどの楽しみや生きがい活動の支援を行っています。

園芸スペース

車椅子各種

言語聴覚療法

 聞こえや言葉の障害を対象とし、障害のある方を専門知識・技術を用いて検査、訓練、指導、援助を行い、機能の獲得や改善、能力の回復・拡大を図り、障害のある方がよりよい生活を送ることが出来るように支援します。言葉が上手く話せない患者様に対して、言語訓練や集団言語訓練を行いながら、病棟生活でのコミュニケーションがとれるように支援しています。

言語聴覚室

評価道具各種

嚥下リハビリテーション

 高齢者にとって「食べること」は楽しみや生きがいの観点からも重要です。患者様に「安全に美味しく召し上がって頂く」ために全ての患者様に対して、飲みこむ機能に合わせた食形態を提供しています。飲みこみに障害のある患者様には、詳しい検査を実施し、残された能力に合わせて、段階的嚥下訓練を行い、「食べること」の楽しみを維持することに努めていきます。

嚥下内視鏡検査(VE)

嚥下造影検査(VF)

職員教育・研修

  • 看護部主催院内勉強会(月1回) 
  • 外来講師による臨床指導(月4回)
  • 院内研究発表会(年1回)
  • 新人教育プログラム